バイク買取業者の選び方

買取店はとてもとっつきやすいところで、特にこれといった知識がなくてもそれなりの金額で売却することができる店舗です。

 

しかし、自動車の世界と同じように複数の企業が乱立しており、常にしのぎ削った競争を行わなければ生きていけない状態となっており、そのためにいろいろな手段を講じるようになりました。

 

そういったアクションによるトラブルも多発しており、査定額が低い、なんだかんだ理由をつけて減額していく、手続きが遅いといった嫌な一面も持ちます。

 

買取店がすべてそうということではありませんが、そういったところがかなり多いといっていいでしょう。

 

ただ、買取店は平均して買取金額が高めとなるため、ぜひとも買取店で売却したいと思っている方も多いはずです。

 

ではどうやったらこういったトラブルの多い業者を見つけることができるのでしょうか。まず査定の申し込みや連絡などに使う電話の対応である程度見ることができます。

 

電話の対応の中で、電話で話をしている人間の話し方、二輪車はとかく若年層相手にすることが多いので、こういった業者もなあなあで話してくることも多く、時々失礼に感じることもあります。

 

1つの企業体というのはその企業の考え方が末端の一社員にまで浸透していますので、社員の話し方ひとつでその企業全体の質がよくわかります。特に小さい店舗などではこういったことが多いので、注意しておきましょう。

 

それから最近の風潮ですが、インターネット上にある様々な意見交換の場所で投稿される記事、いわゆる口コミというものですが、これも意外と侮れないものがあります。

 

実際に使った方がその時の感想を述べているわけですから、生の声を聴くことができます。口コミの見方は悪い意見だけを見ることです。

 

いい意見というのは、話し方が丁寧とか、対応がよかったとか、細かいところまで見て査定してくれたなど、買取店、あるいは客商売では当たり前のことで、そういったことをあえて文章にする必要はありません。

 

中にはサクラによっていい評判を書くといったこともあるようですから、よい意見は当たり前、作られた意見として見るべきでしょう。逆に悪い意見の傾向とその多さを見ることで、その店舗の本当の良し悪しがわかります。

 

それと実際の査定の中で、さっきといっていることが違うではないかと思うようなことがないことです。一時は50万円などといい査定額を出しながらも、契約となると「よく見てみたら・・・」などといって減額することなどまさにそのパターンです。

 

それからこっちが知らないと思いっているか、大人気のモデルでも「最近、このモデルの人気が下がってきているのですよ」などと査定額を下げる口実を言う人間、こういったことをする場合は、その方だけでなく、その買取店もやめた方がいいかもしれません。