バイク買取の必要な書類

バイクを売却する時には売買するだけでなく、所定の法的手続きが必ず伴います。その主たるものが名義変更です。

 

名義変更はそのバイクがどこの誰のものかということを法的に証明するもので、個人売買の場合は個人から個人へ、買取店などで売却する場合は、個人から買取店へと名義変更を行います。

 

その名義変更を行うためには所定の書類が必要で、手続きをする前に集めておかなければなりません。書類はその名義を管轄する場所によって違いが出ます。

 

125ccまでの原付一種、原付二種は市区町村、126cc以上は陸運支局となりますので、書類の違いがあります。

 

125ccまでの原付一種では、ナンバープレートの交付を受けた時にもらった標識交付証明書や譲渡証明書、自賠責保険証明書、免許証などの身分証明書の書類と取り外したナンバープレート、認印が必要となります。

 

原付は名義変更をする時に必ず廃車をしないとならない仕組みとなっているので、廃車手続きを行って、廃車証明書を取得しておかなければなりません。

 

126ccから250cc、中型免許で乗ることができ、車検を受ける必要がないものは、軽自動車届出済証や譲渡証明書、自賠責保険証明書、住民票、免許証など身分証明書の書類と取り外したナンバープレート、認印が必要となります。

 

次に251cc以上の車検が必要な中型免許で乗れるバイクの場合は、車検証や譲渡証明書、軽自動車税申告書、軽自動車税納税証明書、自賠責保険証明書、免許証などの身分証明書の書類と取り外したナンバープレート、認印などが必要となります。

 

それ以外にもそのバイクの状況にあわせて必要となるものが出てくる場合がありますが、基本となるものはこれらのものとなります。