原付でも高価買取になるバイク

オートバイやバイクと呼ばれるもの中で一番下のクラスとなるのが原付1種、いわゆる50ccエンジンを持った原付です。

 

原付はオートバイのように走ることを最大の目的としたものではなく、実用性やちょこっと乗ることができるといった使い勝手の良さから、まるでサンダル感覚で乗ることができるものです。

 

新車で購入しても比較的安いため、たくさんの方に乗られているわけですが、もともとの価値が低いことからそれを売却するとなってもたいした金額にならないのではないかと思いがちです。

 

確かにほとんどの原付はそうです。数千円から数万円といったところでしょう。

 

しかし、中にとても人気があるモデルがあり、その人気、需要によって原付バイクとは思えないような買取価格になることがあります。

 

例えば、モンキーやエイプ、ズーマー、古いものではゴリラやモトラ、フルカウルのNS-1、カフェレーサー風のドリーム50、モトコンポ、ストリームといった、言うなれば普通ではない、趣向性高いモデルは原付とは思えない金額で取引されています。

 

ゴリラなど古いモデルとなると最新型の小型バイクより高値で買い取られることもあるぐらいです。

 

原付といえばスクーターか商用モデルばかりとなる中で、こういった個性のある、アクの強いモデルが結構人気だったりするのです。

 

原付だからたいした金額にならない・・・などといって放置しておくのではなく、買取店に連絡を入れて一度、査定に出してみてはいかかでしょうか。意外と良い金額がつくかもしれません。