買取専門店はなぜ高いのか

バイクを高く売るなら買取専門店、いわゆる買取店で売った方がいいという話をよく聞きますが、確かに販売店で下取りに出すより高くなることがほとんどのようです。

 

なぜ買取店が高くなるのか?それは買取だけを専門的に行っているからです。

 

人間だれしも二つのことをいっぺんにこなすことはできません。「二兎を追うものは一兎も得ず」まさにこの格言通りです。

 

業務に関してもそれは全く同じで、新車を売るかたわら中古バイクも買い取っているというところよりも、買取だけを行っているところや買取メインで中古販売も行っているようなところの方がいいわけです。

 

そういえる理由はやはりその企業全体が、バイクを買い取って高く売る仕組みが整備されているからです。

 

買ったバイクを一時的に保管し、オークションに出品、オークション会場への移動などもルートとして作られていますし、トラックの手配も常に万端、落札された時の諸手続きもスピーディーであっという間に落札者へ譲渡が完了してしまいます。

 

こういった土台がすでにできており、常に活用していることから無駄な時間や人件費、時間による価値の低下などを防ぐことができ、それを買取価格に回すことによって、高く買い取れるため、そこにバイクを売りたいと思っている人間がたくさん集まってくるという形になるわけです。

 

オークションで高値が付きそうもないものでも、その買取店が行っている直接販売によってそれなりの金額で売却できるので、安く買って反感を買うこともなく、むしろ次につながるような好感の持てる価格で買い取るのです。